• ホスティングの専有型を使うWebサイト

    ホスティングサービスの利用目的の中でもっとも多いのがウェブサイトの構築です。

    アパッチを利用し、場合によってはCMSも利用してウェブサイトの運営が行われます。



    ウェブサイトは数多くありますが、サーバーリソースがほとんどかからないようなサイトからPVが多く、サーバースペックが高くないと危険なサイトもあります。


    運営するサイトをどのようなホスティングサービスに任せるかは試用期間である程度判断することができます。

    お客様に相応しいマイナビニュースに関する情報に追加しています。

    ホスティングサービスの多くは試用期間を設定しています。



    ただし、共用型だけの場合もありますが、まずは試してみる事をおすすめします。
    サイトへのベンチマークを取る方法などは多数のアプリケーションがありますので擬似的に負荷をかけることが可能です。共用型は従来他の負荷に影響を受けやすいといわれてきていますが、仮想化技術も改善されてきたこともあってそれほど影響をうけないサービスも増えています。ただし、PVによっては専有型でないと処理しきれない場合も多数ありますのでベンチマークアプリケーションは重要です。

    可能であれば一番PVが増えるであろう時間帯に試すことをおすすめします。専有型は共用型と違ってすべてのサーバリソースが使えますし、場合によっては複数台対応も可能です。
    冗長型もできますし、ロードバランサーを利用することもできるサービスも増えています。柔軟な構成も取れるホスティングサービスも多いのでサイトによって検討できるようになってきています。